TOEICの勉強から学んだこと

今回は、僕がTOEICの勉強をしている上で、この勉強がどう生かされているかを体験談を混ぜて書きたいと思います。

まず、海外での留学経験や外国人と英語について、テストについて語り合ったことがある人なら分かると思いますが、海外の人はTOEICのスコアなんてこれっぽちも気にしてません。

東アジアを除いて!

そして、日本人や韓国人に英語を教えている英語の先生は口を揃えて、TOEICは簡単に過ぎる。海外では役に立たないといいます。

海外では、TOEICではない違うテストが主流になっています。

イギリスに留学するときには、IELTSのテストが必要で、アメリカの場合はTOFELですね。

僕は、これらのテストは受けたことありませんが、ちらっと見たIELTSのテストは本当に難しそうでした!

しかも、TOFEL とIELTSは4技能で判断するため、ListeningとReadingが主流で判断されるTOEICと英語力の信頼性が違いますよね。

ここまでTOEICについてdisっていますが、TOEICの勉強をしたからこそ、身についた能力があります!

それはズバリ、長文を速く、適切に読むという能力です。

TOEICといえば時間との戦いですよね!

僕なんて、TOEICの単語が難しいと思うことはないですが、時間の関係で最後まで問題を解くことができませんでした。

でも、勉強をしていく上で素早くきちんと長文の意味を理解しながら問題を読むことができるようになりました。

TOEICは解き方が重要で、長文を全て読んでそのまま読むのは、あまりよろしくないと周りの方から言われることがありますが、TOEICの点数を取るためだけに勉強をするのは、なんか違うような気がするので、速く読むように心がけています!

まとめますと、TOEICの勉強をしていく上で、TOEICのテスト形式から瞬発的な英語を上達させることができると僕は思っています。

ということで、まあ、一緒に勉強頑張りましょうね!

広告

コメントを残す