英語で海外の人と会話してみた

今日は、海外の人との会話したことについて話をしようと思います。

今日は、中国人と面接や就職についてお話をしました。

中国は、大体が就職する際は一回の面接で済むようです。まあ、海外も日本と同じようなシステムらしいですね。

なんで、面接の話になったかと言いますと、僕がインターンシップに参加するために面接を受けたことから始まりました。

日本は、大企業にインターンシップに参加しようとするとき、面接が何回もあり、インターンシップに参加するのはとても大変ですね。

中国は、色々と日本とは就職とかの文化が違いそうなので、就職や面接について現役で働いているOLの方にお話を聞きました。

中国はインターンシップに、学校を卒業する前の半年前から1年前に参加するようで、期間も2〜3ヶ月間が妥当らしいです。

日本では、卒業する前の1年半前に短いものは1日から長いものから半年ぐらいのものがありますよね。

ってことを考えると、日本はとてもバリエーションがありますよね。

日本の企業は、学生のインターンシップにとても優しいですね。

インターンシップを行うタイミングですが、中国は卒業する半年前でインターシップ後にその企業に就職するか、他の企業に就職するか決めるらしいです。

となると日本の学生は前もってきちんと就職先について、考える猶予があることがわかりますね。

なんだかんだ、日本ってきちんとしてますね!

コメントを残す