インターンシップの録画面接での体験談

今日は、英語の話ではなくインターンシップで経験した録画面接についてブログを書こうと思います。

私は、現在大学の三年生と同学年で来年からは就職試験が始まります。

それで、今年は来年の就職試験や自分にあった仕事、社内の雰囲気を知るために今年の夏休みは色々と企業を訪問する必要があると思い、インターンシップに色々と応募しました!

ですが、ほとんど世間では大企業と言われている会社ばかりにインターンシップの申し込みをしたことによって

色々とインターンシップ生を選考するための面接やエントリーシートに追われています。。。。

それで、昨日

人生初の録画面接を体験しました。

録画面接は体験したことがなかったため、とても緊張しました!!!!!

カメラの向こうに人がいることをイメージしながら行ったので、イメージ力の所為で本番の面接さながらの緊張感がありました!

今回のインターンシップの録画面接は何回も取り直しが可能だったため、自分が気にいるまでなんども取り直す事が出来、一回で成功しなければいけないという緊張感は全くありませんでした!

僕が、録画面接で気を付けたことは本番の面接と思ってカメラの向こうに人がいるということを意識してやるということです!

カメラの向こうに人がいるから、身だしなみはきちんと!言葉遣いもきちんと!を意識しました!

緊張はしましたが、何回もやり直す事ができ、本来の自分を出せた感じがしました!

二時間ぐらい同じ質問について取り直したりしましたが!

まあ、いい経験だったと思います!

広告

コメントを残す