今日学んだ英単語

〜ちょっと難しいそう編〜

今日は、以下の英単語を学びました!今回は今日勉強した英単語の中で、個人的に英単語を見ただけでは意味が理解できないだろうTOP5を紹介します!

aggregate 骨材
claimant 請求者、主張者、原告
resourcefulness 臨機応変
substandard 標準以下の
extol 絶賛する

今回はとっても難しいと思います!僕の目線からですが。

何が難しいって、ほとんど日本で生活してる上では使わないような単語ばっかりなところです!

haha

「aggregate 骨材」に関してですが、今まで生きてきて骨材なんて使った事ないですし、使う未来が想像できないです!

このような将来的に使う必要がなさそうな英単語は、覚える優先順位を下げるのが良さそうですね!

でも、TOEICとかでかなり良い点数を取りたい人には関係の無い話ですけども。

「claimant 原告、請求者」についてもですが、裁判沙汰とか何かトラブルが無い限りは、会話には使われなさそうですよね。

まだ、海外に滞在した期間が最長二ヶ月しか無いのでさらっと流してもらって結構です。。。

「resourcefulness 臨機応変」は、なんか使いそうではありますよね。臨機応変ってなんだかんだいろんな場面で使うのでビジネス英会話で使ってそうですよね。

「substandard 標準以下の」についてですが、もうこれは、、どうなんだろう。

どうやって使うんだろう?

I am substandard people about English skills among taken English classes.

とかなのかな?英文あってるかどうか分からないんですけど。。

もし、訂正してくれる人がいたら是非お願いします!

Could you tell me what correct grammar is.

「extol 絶賛する」については、もうこれは暗記します!としか言いようがないです。はい。勉強不足です。

ここまでで、英単語の意味を知ってみて、自分がどう思ったかについて書いてみました!(いらないけども)

じゃあ、今回は「resourcefulness 臨機応変」について単語を分解したいと思います!

resourcefulness = resourceful (やり繰り上手の)+ ness (形容詞から名詞の接尾辞を造る

分解してみると、やり繰り上手を名詞で表したものという事になります。

つまりは、やり繰り上手な人=臨機応変 ということになるみたいです!!

See you next time

TOEICの教材費の費用

TOEICの模擬テストの参考書の代金として寄付を頂けたらと思います! 皆さんにも色々な体験談を共有するので寄付をお願いします!

¥100

広告

コメントを残す